【完全保存版】野球初心者が最初にそろえるべき野球道具一覧

子どもに野球をやらせたい親御さん、新たに野球をやろうとしている大人たち必見!

ここでは野球を始めるにあたり、初めに必要になるもの、選ぶ際の注意点を紹介していきます。

最初に必要なアイテムは、全部で3ジャンルの計5点!

最低限あれば大丈夫なのが以下の、「3ジャンルの計5点」です。

  1. ユニフォーム

    ・ユニフォームパンツ
    ・ソックス
    ・アンダーシャツ
  2. スパイク(またはシューズ)
  3. グローブ

それぞれ解説していきます。

ユニフォーム

リストを見て、「帽子、ユニフォームシャツも必要じゃないの?」とお気づきの方。

その通りです。

しかし!野球はチームスポーツのため、帽子やユニフォームはチームで指定のものがあります。

そのため、最初に個人で買いそろえる必要はありません。(※不安な方は所属チームへ問い合わせてみてください!)

つまりそれ以外、ユニフォームジャンルで必要になってくるのが、

  • ユニフォームパンツ
  • ソックス
  • アンダーシャツ

の3点です。

『ユニフォームパンツ』とは?

ユニフォームパンツは、野球の際に履く、いわゆるズボンのことです。

一応、注意していただきたいのは、ベルトが必要な場合がほとんどの為、ない場合には必要になってきます。

(※野球用でなくても問題ありませんが、野球用のベルトの使用がおすすめです。)

『ソックス』とは?

ソックスは、アンダーソックスとも呼ばれたりします。

野球の際に履く、いわゆる靴下のことです。

ソックスの上に、ストッキングを履く場合もありますが、ストッキングもある場合には、チームで指定のものがあることがほとんどのため、購入する必要はありません。

ブラック、ないしはネイビーが主流のため、この2色を選んでおけば、まず間違いありません。

【野球用品】ストッキングとは?ソックスとなにが違う?

『アンダーシャツ』とは?

アンダーシャツは、言葉の通りユニフォームシャツの下に着る、シャツのことです。

ユニフォームシャツがある場合、なくても問題ありませんが、汗の吸収などの機能や、見た目的なことを考えるとあったほうが良いかと思います。

※チームで指定のカラーがある場合があるので注意してください。

指定がない場合には、ソックスと同じくブラック、ないしはネイビーを選んでおけば間違いありません。

スパイク(またはシューズ)

普通の運動靴であっても、問題はありませんが、やはり野球用のスパイクがあるに越したことはないでしょう。

なにより、野球用スパイクは、野球のプレーのために作られているため、怪我防止に繋がります。

今ではスパイクも豊富なカラー展開となっていますが、何色にすればわからないという方は、ブラックを選んでおけば間違いありません。

グローブ

グローブは、またの名をグラブとも言い、野球のみで使う特徴的な道具のひとつです。

グローブは、種類が豊富にあるため選ぶ際には特に注意が必要です。

グローブの種類を一覧でまとめますが、わからないという方は飛ばしちゃっても大丈夫です。

グラブの選ぶ基準
  • 少年用
  • 一般(大人)用
  • 硬式用
  • 軟式用
  • 投手(ピッチャー)用
  • 内野手用
  • 外野手用
  • 捕手(キャッチャー)用
  • 一塁手(ファースト)用
  • オールラウンド用
  • 右投げ用
  • 左投げ用

上記の通り、世代、ボール、ポジション、投げ方によって選ぶ要素があります。
全てをかけ合わせると、48種類のグラブのなかから選ばなければいけないことがわかります。

初心者が選ぶべきグローブの種類はコレ!

  • 軟式用
  • オールラウンド用
  • 小学生は『少年用』、それ以上であれば『一般(大人)用
  • ボールを右手で投げる場合は『右投げ用』(グローブは左手につけます)
  • 左手の場合は『左投げ用』(グローブは右手につけます)

理由を解説

軟式用

初心者の方がやる場合には、軟式である場合がほとんどです。

オールラウンド用

オールラウンド用とは、どのポジションでも使えるという意味です。ポジションが決まっていない場合には、オールラウンド用を選びましょう。

小学生は『少年用』、それ以上であれば『一般(大人)用

少年用と一般用とでは、サイズが異なってくるため年齢に合わせたサイズにしましょう。

ボールを右手で投げる場合は『右投げ用』(グローブは左手につけます)
 左手の場合は『左投げ用』(グローブは右手につけます

ボールを投げる利き手で選びます。グローブをはめる手と異なる表記なので注意です。


注意点

野球をするには他にも、
・ボール
・バット
なども必要になってきます。

新規でチームそのものを作るという場合には、これらも必要になってきますので、ご注意ください!

また、ソックスアンダーシャツスパイクなどのアイテムは、チームで指定のカラーがある場合が多いです。

誤ったカラーで使えない!ということが無いよう、それらは、予め聞いておくことをおすすめします!