【無料視聴】MLB(メジャーリーグ)を視聴するなら絶対にコレ!

大谷翔平選手も活躍もあり、メジャーリーグ(MLB)に興味を持ち始めた方も多いのではないでしょうか?

メジャーリーグは、日本プロ野球と違い、どうしても中継が少ないという問題があります。

そこでそれを解決してくれるのが、「動画配信サービス」です。

この記事では、MLB中継を行っているサービスの紹介と、結局どれが一番オススメなのか!?まとめています。

こんな方にオススメ
  • おすすめのMLBの配信サービスが知りたい!
  • MLB配信サービスの特徴が知りたい!
  • 料金の比較、見れる球団の比較が見たい!

どういうポイントで選ぶべきか?

メジャーリーグを配信しているサービスは、そこまで多くありません。

しかし、どのサービスもほぼ、共通して言えるのが「日本人選手が所属しているチームの試合」を中心に配信をしているという点です。

では、どこの点を比較し選べばよいのでしょうか…?

それは以下の3つのポイントで判断すると良いでしょう!

  1. 無料期間はあるか?
  2. 月額料金はいくらか?
  3. MLB以外の、サービス内容の充実度はどれほどか?

無料期間や、料金については当たり前に比較すると思います。

ですが、意外と忘れがちなのが、それ以外に何が見れるのか?というポイントです。

このポイント意識して比較してみることで、自分にあったサービスが見つけやすくなります!

サービス比較表

1234
サービスABEMA
huru
スカパー!
MLB.TV(公式)
無料期間2週間2週間加入月なし
月額960円1,026円4,483円年間89.99ドル
試合数342試合342試合日本人選手出場試合全試合
コンテンツ量    
おすすめ度
公式サイトABEMAhuluスカパー!MLB.TV

これを選んでおけば間違いない

私、バント店長がおすすめするMLB動画配信サービスは、「ABEMA」一択と言って良いでしょう。

では、なぜ「ABEMA」をおすすめするのか詳細を見ていきましょう!

ABEMA

ABEMAの特徴

ABEMAでは、日本人選手が活躍するチームを中心に、レギュラーシーズン公式戦324試合を完全生中継しています。

これは、他のサービスと比較してもかなり多い数字です。

さらに、324全試合に日本語での実況および解説がついており、週末に行われる試合については、元メジャーリーガーによる特別解説が加わります。

また、試合をすべて見きれないという方向けに、週末にはウィークリーハイライト番組が放送。

無料プランでも視聴ができる、ショート動画でもコンテンツとしては十分に楽しむことができます。

バント店長

中継・ハイライト番組はプレミアム会員にならないと見れないので注意が必要!
中継試合数324試合
料金960円/月額
無料体験あり(2週間)
見逃し配信あり
録画・ダウンロード機能あり
視聴可能デバイスTV、スマホ、PC、タブレットなど
アプリの有無あり
公式サイトABEMA

ほかにも、「ABEMA」のメリット・デメリットを見ていきましょう!

メリット
  1. 無料会員でも一部視聴が可能
  2. 豊富なジャンル・地上波放送番組、趣味系動画などコンテンツがかなり多い!
  3. 人気オリジナル番組もある
  4. コメント機能がついており、他の視聴者とリアルタイムで楽しめる
デメリット

一方でデメリットとしては以下の3つです。

  1. 無料プランでは、中継視聴ができない
  2. 無料プランでは、CM広告が入る
  3. 無料プランでは、ダウンロードができない

無料プランでは、どうしても制限があるため、デメリットとしてあげられます。

しかし、プレミアム会員になってしまえば、そのデメリットは解消ます。

広告なしで視聴できたり、ダウンロードもできるようになり、外出先でも通信量ほぼゼロで視聴可能になるので、ないに等しいと言えるでしょう。

おすすめNo.1

ほかサービスの紹介

ABEMA以外のMLBが見れるサービスを紹介していきいます!

Hulu(フールー)

Huluの特徴

中継試合数324試合
料金1,026円/月額
無料体験あり(2週間)
見逃し配信あり
録画・ダウンロード機能あり
視聴可能デバイススマホ、PC、タブレットなど
アプリの有無あり
公式サイトHulu
メリット

「Hulu」を登録するメリットとして、以下の3つがあげられます。

  1. 映画やドラマが充実!一部日本プロ野球視聴も
  2. 高画質で視聴が可能
  3. 支払い方法が充実(7種類・PayPayなど)
デメリット

反対にデメリットとしては以下の3つです。

  1. 日本プロ野球では、巨人の主催試合以外の試合が見れない(ビジター戦含む)
  2. MLB・プロ野球(巨人戦)だけ楽しみたい人にとっては、価格がやや高い
  3. 複数デバイスでの同時視聴ができない

スカパー!

スカパー!の特徴

中継試合数日本人選手出場試合
料金4,483円/月額
無料体験あり(加入月)
見逃し配信あり
録画・ダウンロード機能なし
視聴可能デバイススマホ、PC、タブレットなど
アプリの有無あり
公式サイトスカパー!
メリット

「スカパー!」を登録するメリットとして、以下の7つがあげられます。

  1. 日本プロ野球の12球団の試合が視聴可能【プロ野球配信サービスのなかでも唯一】
  2. CSシリーズや、二軍公式戦も視聴可能
  3. 衛星放送のため、インターネット接続していないテレビでも視聴可能
  4. 野球以外にも、番組内の他スポーツなどが視聴可能
  5. リアルタイムで見れなくても、見逃し配信で視聴することができる
  6. 大画面でも画質がきれい
  7. 3デバイスで同時視聴が可能(多くのデバイスに対応)
デメリット

反対にデメリットとしては以下の3つです。

  1. 料金が比較的高め
  2. CSが映らない家庭の場合、アンテナ設置が必要
  3. 動画の録画・ダウンロードができない

12球団見れるのはコレだけ

より詳細なメリットなど

MLB.TV

MLB.TVの特徴

MLB.TVは、メジャーリーグ公式の動画配信サービスです。

そのため、中継試合はMLB公式戦全試合となっております。

公式サイトやアプリは、すべて英語表記となっております。

また、契約についてもアメリカドル換算での支払いとなるので、注意が必要です。

中継試合数全試合
料金89.99ドル/年額
無料体験あり(7日間)
見逃し配信あり
視聴可能デバイススマホ、PC、タブレットなど
アプリの有無あり
公式サイトMLB.TV

MLB.TVは、日本で言うパ・リーグTVに近いイメージです。

公式YouTubeにも、試合で起きたビックプレーなどを上げているので、そちらでも十分楽しむことができます!

まとめ

今回はメジャーリーグ動画配信サービスについてご紹介しました。

気になるサービスはありましたか?

それぞれでメリット・デメリットがあるので、自分にあったものがあればぜひ無料体験から登録してみてください!

これでメジャーリーグがますます楽しめるようになっていただけたら、幸いです!

今回も読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA