野球グローブの選び方!おすすめメーカー10選【プロが教える】

野球歴約30年。野球ショップに勤めています。バント店長です。

野球ショップに勤めていると、こんな質問を受けることがあります。

  • 草野球を久しぶりにやろうと思ってるけど、どのグラブを使えばいいかわからない
  • 軟式グラブのおすすめのメーカーは?
  • メーカーごとの特徴が、正直わからない

軟式グラブは、ミズノなどの有名メーカーから、知る人ぞ知るメーカーまで、数多くの商品が販売されています。

軟式グラブを選ぶ際に悩んでしまうのも、無理がありません。

そんな軟式グラブ選びにお悩みの方たちのために、この記事では以下の2点を知ることができます!

この記事でわかること
  • 軟式グラブの選び方
  • おすすめのグラブメーカー10

実際に野球道具のプロであるバント店長が紹介していきます。グラブ選びの参考にしてみてください!

野球のガチ度合いは?

始めにこれを伝えておかなければいけません。

軟式グラブを選ぶ際に大切な事は、どのレベルで野球をするのか!?ということです。

レベルというのは実力のことではなく、野球の本気度合いだと思ってください。

具体的にどういうことなの?というと

  • 学生野球なのか?
  • 草野球なのか?
  • お子さんなどと一緒にキャッチボールをする程度なのか?

という意味合いです。

学生野球の場合には、野球連盟規則に則った道具を使用しなければいけませんし、お子さんとキャッチボールをする程度であれば、本格的なグラブは必要ありません。

そういった意味でも、購入時には上級者用や初心者用など、使う人のレベルに合わせて選ぶことがポイントになってきます。

軟式グローブはどう選ぶのか?

まず初めにポジション毎で選ぶ必要があります。

ポジションが決まっていなかったり、初心者の方は、「オールラウンド用」を選びましょう!

初心者の方コチラもチェック

ポジションに加えて、以下の2つのポイントから選ぶといいでしょう。

  • 機能面から選ぶ
  • メーカーから選ぶ

機能から選ぶ

機能から選ぶとなると、難しく思われるかもしれませんが、性能も含めポイントは4つだけです!

ポイント
・性能
・色
・ウェブ
・大きさ

それぞれ説明していきます!

性能

性能はそのグラブの特徴の部分になってきます。

性能についてはメーカーが日々、研究開発されており、内容が細かくなってしまうため説明していくとキリがありません。

どちらかというと、こうじゃなきゃダメだ!というこだわりが無い方はそこまで、大事なポイントではないため、注意する必要はありません。

いろいろなお客様を見てきた中で、この「色を中心に選んでいく」方が1番多いです。

定番品もそうですが、限定品やオーダー品は特に特徴的な色使いもあるため、お気に入りのカラーから選ぶことをおすすめします。

お気に入りの色のカラーから選んでみましょう

ウェブ

ウェブはその性能に加え、見た目の好みが大きく分かれるポイントです。

グラブの顔と言っても過言では無いでしょう。

こちらも完全に好みになってくるので、難しく考えず、かっこいいウェブを選びましょう!

メーカーオリジナルもあるため、その種類はかなり多数!

大きさ

グラブを購入する際に1番悩まれるのが、この「大きさ・サイズ」です。

初心者にはとって、自分に合うサイズを知ることはとても難しいので、中間サイズとも言える「オールラウンド用」を選ぶのを忘れないでください!

野球経験者の方々は、好みのサイズ感がきっとあるはずです。

「お気に入りのカラー、ウェブだけど、サイズがあんまり好きじゃないなぁ」なんてこともよくあります。

その場合には、違うメーカーでも探してみると、案外ピッタリのものが、あったりもするのでおすすめです。

やはり、手にはめてみてみるのが1番です!

メーカーから選ぶ

機能の以外でおすすめの選び方は、メーカーから選ぶという方法です。

グラブはやはり、メーカーごとに特徴があり、その作りやデザインもさまざまです。

メーカーごとに契約しているプロ野球選手も違うため、そのメーカーでしか手に入らないモデルがあったりもします。

好きなプロ野球選手がいる場合などには、特におすすめです。

私、バント店長が軟式グラブ選びで、特におすすめしたいメーカーを厳選10メーカー紹介していきます!!

おすすめメーカー10選

ミズノ

野球メーカーのなかでも1番有名、なおかつ1番人気。道具シェア率は全野球用品のなかでもトップ。

「ミズノ商品を選べば、まず間違いなし。」とも言われ、トップブランドの”ミズノプロ”は圧倒的なブランド力を誇る。

プロ野球選手も愛用者多数で、前田健太投手、田中将大投手、坂本勇人選手など。

久保田スラッガー

根強い人気を誇る、野球専門メーカー。グラブ商品に強く、プロでは浅村選手や、鳥谷敬選手などが愛用。

店舗オリジナル商品や、オールスター限定商品などもあり、バラエティに富む。

今では、当たり前になっている「湯もみ型付け」の発祥。そのためもあってか、湯もみありきの製品(形があまり良くない製品)である場合もある。

アトムズ

今一番勢いのある、野球専門新興メーカー。

話題にもなった、傷有り革の“革命グラブ”なども販売しており、野球道具業界に一石を投じている。

硬式・軟式の区分けをしておらず、革でグラブを選べるのが特徴。

限定商品なども稀にある。

ドナイヤ

山田哲人選手が愛用していることでブームとなった。

山田哲人選手も定番品を使用されており、基本水準が高いレベルあることを証明。

社員は村田社長のみで、営業と検品を一人で行っている。

オールスターモデルなどの販売もあり。

ウィルソン

特にアメリカで高い人気を誇るメーカー。メジャーリーグ選手でも愛用者多数。

はみだしを2本にすることで指先を強化し、球際に強くなる、デュアルテクノロジーが特徴。

中でも、内野手用の種類が豊富で、こだわりのある人にはとてもオススメ。

ローリングス

こちらもアメリカで高い人気を誇るメーカー。メジャーリーグでNo.1のシェアを誇る。

日本のプロ野球選手の使用率も増えてきており、鈴木誠也選手、岡本和真選手、小川泰弘選手などが愛用。

アメリカ仕様のド派手なデザインや、限定商品も多いため、目立ちたがり屋には一番オススメ。

ゼット

源田壮亮選手や千賀滉大選手など、今旬の選手が愛用。

バスケットウェブのブームを生み出し、今売れているグラブの多くはバスケットウェブ。

限定復刻版やオールスター限定商品も発売。バラエティに富む。

アシックス

大谷翔平選手、ダルビッシュ有選手、菊池雄星選手など、多くの日本人メジャーリーガーが愛用。

投手用グラブがかなり強いメーカーで、投手用ならアシックスをオススメ。

最新のスポーツ工学研究所の知見に基づいた、こだわりの性能があるグラブが多いのが特徴。

玉澤

100年以上続く野球老舗メーカー。そのため、幅広い世代から人気。特にキャッチャーミットが強い。

すべてのグラブが日本製であり、なおかつ一つひとつが職人の手作り。

漢字の玉澤ラベル、通称「カンタマ」が大人気。

ハタケヤマ

キャッチャーミットといえば、「ハタケヤマ」

キャッチャーミットに特化した、さまざまな性能が施されているのが特徴。

プロ野球選手の多くの名キャッチャーも愛用。現役では、甲斐キャノンこと、甲斐拓也選手など。

限定デザインも多く販売されている。

まとめ

レベルに合わせたグラブを選びましょう!
初心者の人は「オールラウンド用」がオススメです!

グラブを選ぶ基準は?
「機能から選ぶ」か「メーカーから選ぶ」のがオススメ!自分の好みがあるはず!

グラブメーカーについて
たくさんのメーカーがあることが、お分かりになったかと思います!
今回紹介しきれなかったメーカーについては後日紹介していきます!