【野球用語】交代完了とは?意外と知らない投手記録

投手の記録のひとつに「交代完了」というものがあります。

へ?交代するだけで記録になるの?

じつはこの「交代完了」、ただ交代するだけでは記録されません。

では「交代完了」とはどんな記録なのか?わからない方も安心してください!この記事で詳しく解説していきます!

交代完了とは?

用語解説

交代完了』とは…

リリーフ投手として登板し、試合終了まで投げた投手に記録されるもの

バント店長

先発徒手が試合終了まで投げきることを、完投というよ!

一般的には、チームのクローザー(抑え)投手が最も多く記録します。

これは、試合の締めとして最後に登板するといった、クローザーの特徴のためです。

ただ、この「交代完了」は先発投手以外で最後に投げた投手すべてにつくものです。

セーブ記録がつく場合はもちろんのこと、点差が大きく離れている場合や、サヨナラ負けをした場合にも「交代完了」の記録はつきます。

つまり、この「交代完了」だけで投手の評価をするには不十分な記録とも言えるのです。

日本プロ野球記録

日本プロ野球における「交代完了」の記録は、多くの名投手が名を連ねています。

ここからは、「交代完了」の歴代記録トップ10を、セーブ数と登板回数とともに見ていきましょう!

順位交代完了選手名セーブ数登板数活躍年度
1569 岩瀬 仁紀40710021999-2018
2473 江夏 豊1938291967-1984
3447 高津 臣吾2865981991-2007
4440 藤川 球児2434271999-2020
5377 鹿取 義隆1317551979-1997
6372 佐々木 主浩2524391990-2005
7354 小林 雅英2284631999-2011
8351 佐藤 道郎395001970-1980
9341 山本 和行1307001972-1988
10335 D.サファテ2344272011-2018
「交代完了」歴代トップ10

ここに並ぶ、ほとんどの選手が日本プロ野球の歴代セーブ数、登板数にも上がってくる選手です。

中でも、交代完了数歴代一位の岩瀬仁紀選手は、セーブ数、登板数ともに、日本プロ野球歴代一位の記録を持っています。

https://dragons.jp/special/iwase13/image/ceremony1-2.jpg

まとめ

『交代完了』とは?
リリーフ投手として登板し、試合終了まで投げた投手に記録されるもの!

『交代完了』について解説してきました。

簡単な言葉のようで、意外と知らなかった人もいたのではないでしょうか!

意外と知らない記録「交代完了」を、他の人も知っているか、ぜひ聞いてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。