【永久保存版】野球グローブメーカー112選【2022年最新】

な行

ナイキ(NIKE)

概要

誰もが知っているスポーツブランド「ナイキ(NIKE)」

日本プロ野球では佐々木朗希投手や山本由伸投手などの、一部のスター選手が使用してる。

メジャーリーグでは全球団のユニフォームを制作していたり、スパイクのシェアが高いなど知名度・実績ともに申し分なし。

公式

公式サイト

ネット販売

ナインスターズ(Nine Stars)

概要

奈良県桜井市に拠点を置く、株式会社スポーツシティアラキのオリジナルブランド「ナインスターズ(Nine Stars)」

グラブのみでなく、バットやバッティング手袋なども展開。

拠点場所では、野球用品ショップや、バッティングセンターも併設されており、野球教室など行われている。

公式

公式サイト

ナインスポーツ(Nine Sports)

概要

韓国の野球メーカー「ナインスポーツ(Nine Sports)」

韓国プロ野球でも、多くの選手が使用しており、韓国国内で人気・実績は十分にある。

野球用品であれば、バット・スパイク・手袋・ウェアなど、ほぼすべてのカテゴリで商品展開がある。

公式

公式サイト

は行

ハイクロウ(High Claw)

概要

オーダーグラブメーカー「ハイクロウ(High Claw)」

「ハイクロウ(High Claw)」とは鉤爪という意味を持ち、「どんな獲物(ボール)でも狙い捕らえるグラブ」がコンセプト。ラベルも「鋭さ・素早さ」をイメージして作られている。

国内では唯一、三重県四日市市にあるクーパーズスポーツにて取り扱いをしている。

公式

公式サイト

ハイゴールド(Hi-GOLD)

概要

創業から50年以上経つ歴史ある野球メーカー「ハイゴールド(Hi-GOLD)」

グラブのみならず、野球用品であれば全カテゴリの品揃え。

阪神タイガースの西純矢選手が高校時代使用していたことで注目を浴びた。

公式

公式サイト

ネット販売

ハタケヤマ(HATAKEYAMA)

概要

キャッチャーミットで一番人気と言っても過言ではないのが「ハタケヤマ(HATAKEYAMA)」

2011年のプロ野球開幕戦では、スタメンマスクをかぶった12名の捕手のうち8名がハタケヤマ製のミットを使用。

今では『甲斐キャノン』でお馴染みのソフトバンクホークス甲斐拓也選手も愛用。

公式

公式サイト

ネット販売

バンシュウ(Banshu)

概要

兵庫県西脇市(兵庫県の南西部を古くは播州(ばんしゅう)と呼んでいた)で製造されている「バンシュウ(Banshu)」

ご当地名産の播州織を想起させるラベルも展開している。

ご当地グラブとして、ふるさと納税の返礼品としても出品されている。

公式

公式サイト

ネット販売

BMC(ビーエムシー)

概要

韓国の野球老舗メーカー「BMC(ビーエムシー)」

Baseball Members Clubの頭文字を取っている。

2000年代前半には韓国No.1のシェアを誇っていたが、現在はほぼ製造されていない。

公式

公式サイト

ネット販売

ビクトリーハート(VictoryHeart)

概要

鳥取県に所在地を置く「ビクトリーハート(VictoryHeart)」

オーダーグラブを中心に、定番品も販売している。公式サイトから注文することができる。

公式

公式サイト

ファイブ(FIVE)

概要

奈良県大和高田市に所在地を置き、2022年に誕生した「ファイブ(FIVE)」

「最高の捕球をつくる」をコンセプトに、 開発から製造までを一貫して行っている。

オーナーの吉川氏は、祖父・父・ご兄弟・そして、ご自身もグラブ職人という、グラブ職人家系で育ちグラブのことを知り尽くしている。

公式

公式サイト

ネット販売

ファイヤーズ(FIRES

概要

野球の聖地・兵庫県西宮市甲子園で製造、販売をしている「ファイヤーズFIRES)」

コストパフォーマンスに優れ、安い価格ながら高品質であるのが特徴。

オーダーグラブはもちろんのこと、定番品も多く展開している。

公式

公式サイト

ネット販売

フォースキフト(FoseKift

概要

アンダーシャツが有名で、プロ野球選手にも愛用者がいる「フォースキフト(FoseKift)」

一番のメイン商品はアンダーシャツやテーピング類。

グラブはオーダーグラブが中心。バットなどのオリジナル商品も取り扱っている。

公式

公式サイト

ネット販売

ファルコン(FALCON

概要

サクライ貿易のオリジナルブランド「ファルコン(FALCON)」

子供用のおもちゃグラブを中心に展開している。価格も安価と手に取りやすい。

公式

公式サイト

ネット販売

プロマーク(Promark

概要

株式会社サクライ貿易の自社ブランド「プロマーク(Promark)」

エントリーモデルを中心に取り扱っており、軟式・硬式用ともに低価格で手に入れることができる。

野球初心者用の製品のため、こだわりがない人にとっては丁度いい。

公式

公式サイト

ネット販売

ブロズ(bro’s)

概要

グラブの町・奈良県三宅町で1952年に創業。野球グローブの製造・販売を行っている、吉川清商店のオリジナルブランド「ブロズ(bro’s)」

二代目社長の息子2人が立ち上げたことから、『brothers』という意味がある。

半世紀以上の歴史と、ひとつひとつをハンドメイドで制作している確かな技術が売り。

公式

公式サイト

ベルガード(BELGARD)

概要

野球防具において評判の高く有名なブランド「ベルガード(BELGARD)」

アパレルブランドのアクセフ(AXF)、製薬会社のテイコク製薬とコラボし、『アクセフベルガード』というブランドも展開。

イフミック(IFMC.)というミネラル結晶体が含まれた磁気素材が含まれており、パフォーマンスの向上を促す効果があるのがポイント。

公式

公式サイト

ネット販売

ヘルム(helm

概要

京都府京都市に拠点を置く、キャッチャーミット・ファーストミット専門メーカー「ヘルム(helm)」

創業100年を超える老舗ミット専門メーカーで、キャッチャーミットについては現行、基本モデル9種類に対してバックスタイル(手入れ部分)8種類の中から選択できることを大きな柱としている。

ファーストミットについても、5mm単位で大きさの違う基本型を含めて10種類、ウェブは6種類から選択できう、かなり特化しているのがわかる。

公式

公式サイト

ネット販売

ベースマン(BASEMAN

概要

関東を中心に野球用品の販売店を展開する、株式会社ベースマンのオリジナルブランド「ベースマン(BASEMAN)」

野球用品専門店として飯田橋に本店を構え、他3店舗の運営。

豊富な品ぞろえから、トップアマチュアから野球初心者まで、幅広い層が足繁く通うお店でもある。

公式

公式サイト

ネット販売

44(フォーティーフォー)

概要

アメリカ西海岸サンディエゴに本社を置き、2011年に設立。

メジャーリーガーにも愛用されている、アメリカのカスタムグラブメーカー「44(フォーティーフォー)」

アメリカ内でも高品質・低価格が売り。最近、日本国内で販売している店舗も出てきているため、購入するのが容易になっている。

公式

公式サイト

ネット販売

ホッタスポーツ(HOTTASPORTS)

概要

愛知県津島市に店舗を構えている、「ホッタスポーツ(HOTTASPORTS)」のオリジナルグラブ。

多くの野球メーカーの商品を取り扱っており、愛知県内でも豊富な品ぞろえを誇っている。

オリジナルオーダーグラブも、低価格・高品質・納期が早く、希望デザインを事細かに作成できるのが売り。

公式

公式サイト

次のページ

野球No.1ブランドのミズノほか8メーカー「ま行」「や行」

1 2 3 4 5 6 7 8

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA