【WBC】出場資格は?日系メジャーリーガーが侍ジャパン入り!

2023年3月には、4年に1度の野球世界大会「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」があります。 

今大会の侍ジャパンにメジャーリーグの日系選手の参戦が期待されています。

ここで疑問で上がるのが、「日本代表として出場するための、資格はどう決められているのか?」ということですよね!

今回この記事ではWBCの出場資格について、小学生でもわかるように解説していきます!

こんな方にオススメ
  • WBCの代表として出場するのには、どんな出場資格があるのか?が知りたい!
  • 2023年大会に、侍ジャパンとして参加するメジャーリーガーが知りたい!

この記事はで読むことができます。

あわせて読みたい

【無料視聴】WBC中継をネット視聴する方法

侍ジャパンの全試合をライブ配信

強化試合、準々決勝からは全試合配信

侍ジャパンオリジナル動画も配信

30日間無料のAmazonプライム会員になれば

\侍ジャパンの全試合が視聴可能!/

詳しくはこちらの記事から

30日間無料!解約も簡単

代表として参加するためには?

では、さっそくWBCの出場資格をみていきましょう!

出場資格

以下の7つの出場資格いずれかに該当すれば、その国の代表として出場することができます!

  1. その国の国籍を持っている
  2. その国の永住資格を持っている
  3. その国で生まれている
  4. 親のどちらかが、その国の国籍を持っている
  5. 親のどちらかが、その国で生まれている
  6. その国の国籍または、パスポートの取得資格がある
  7. 過去WBC大会で、その国の出場枠に登録されたことがある

①~③はイメージしやすかと思いますが、④、⑤を知らなかった方も多いのではないでしょうか。

バント店長

例えば、本人はアメリカ国籍だけど、両親が日本人などの日系2世は、日本代表として参加することができるということです!

複数国で出場している選手

このように、その国の出場資格があれば代表として参加できるため、出場資格が複数国ある選手もいます。

シカゴ・カブスのマーカス・ストローマン投手は、前回2017年大会でアメリカ代表として参加。

今回はプエルトリコ代表として参加予定です。

WBC参加のメジャーリーガーはコチラ

侍ジャパン入り決定!日系メジャーリーガー

日本代表入りした日系メジャーリーガーですが、過去3回の大会ではいませんでした

しかし、2023年のWBCでは、侍ジャパンの一員としてメジャーリーグで活躍する日系人プレーヤーの代表入りが決定しました!

ここからは、侍ジャパンとして参加する可能性がある選手を紹介していきます!

ラース・ヌートバー

名門チームのリードオフマン・未来のスター候補

@lars_nootbaar11
選手名ラーズ・ヌートバー
(Lars Nootbaar)
所属チームセントルイス・カージナルス
ポジション外野手
投打右投左打
身長・体重191cm・95kg
生年月日1997年9月8日(25歳)
※年齢は23年3月時点

生まれと育ちはアメリカ。父親はオランダ系アメリカ人で、母親が日本人

2018年にMLBドラフト8巡目でセントルイス・カージナルスから指名されプロ入りした。

2021年にメジャーデビューを果たすと、カージナルスの1番打者として定着。

2022年は、108試合に出場し、打率2割2分8厘ながらも、14本塁打、40打点とパンチのある長打力が魅力

外野の全ポジションを守ることができ、スピードを生かした広範囲の広さが特徴の未来のスター候補選手。

まとめ

今回は、「WBCの参加資格」について解説してきました!

WBCは各国の維持とプライドがぶつかり合う、大きな世界大です。

出場資格を知ることで、WBCをより一層楽しんでいただけたら幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

WBC参加のメジャーリーガーはコチラ

あわせて読みたい

【無料視聴】WBC中継をネット視聴する方法

侍ジャパンの全試合をライブ配信

強化試合、準々決勝からは全試合配信

侍ジャパンオリジナル動画も配信

30日間無料のAmazonプライム会員になれば

\侍ジャパンの全試合が視聴可能!/

詳しくはこちらの記事から

30日間無料!解約も簡単