【まとめ】WBCアメリカ代表がヤバすぎる!ドリームチームを解説!

クレイトン・カーショー

サイヤング賞3度獲得・現役最強左腕

@World Baseball Classic
選手名クレイトン・カーショウ
(Clayton Edward Kershaw)
所属チームロサンゼルス・ドジャース
ポジション投手・先発
投打左投左打
身長・体重193cm・102kg
生年月日1988年3月19日(35歳)
※年齢は23年3月時点

メジャーリーグ現役最強左腕とも呼び声高い、メジャーを代表する投手。

2006年にMLBドラフト1巡目に指名を受け、2008年から頭角をあらわす。

その年のNo.1投手に贈られる、投手最高峰の賞・サイヤング賞を3度も獲得

ほかにも、シーズンMVP1回、最多勝利3回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回、オールスターゲームに9回出場している。

すべての記録が華々しく、35歳という年齢ながらもメジャー最前線で活躍しているレジェンド。

マイルズ・マイコラス

元巨人所属・日本の脅威となる存在

@World Baseball Classic
選手名マイルズ・マイコラス
(Miles Tice Mikolas)
所属チームセントルイス・カージナルス
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重193cm・104kg
生年月日1988年8月23日(34歳)
※年齢は23年3月時点

2015年から17年にかけて読売ジャイアンツでプレー

その当時日本でも大活躍しており、最多奪三振賞1回、最高勝率1回受賞している

2018年にアメリカ、メジャーリーグに復帰後も日本でつけた勢いそのままに、その年最多勝利を獲得

メジャーリーグオールスターゲームにも2度出場。

日本野球を知るからこそ、日本の脅威となりうる存在であることは間違いないでしょう!

ランス・リン

通算123勝のベテラン投手

@World Baseball Classic
選手名ランス・リン
(Michael Lance Lynn)
所属チームシカゴ・ホワイトソックス
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重196cm・127kg
生年月日1987年5月12日(35歳)
※年齢は23年3月時点

2008年MLBドラフト1巡目でセントルイス・カージナルスから指名を受ける。

2012年から5年連続で2ケタ勝利を挙げており、通算309試合登板で123勝を記録しているベテラン投手

オールスターゲームにも2度選出。

サイヤング賞候補に何度も上がるも、獲得までは至らず。

最速159km/hのストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップを武器に、打者にとって認識しづらいフォームで投げ込んでくるのが特徴。

ネイサン・イオバルディ

最速162km/hの技巧派投手

@World Baseball Classic
選手名ネイサン・イオバルディ
(Nathan Edward Eovaldi)
所属チームボストン・レッドソックス
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重188cm・98kg
生年月日1990年2月13日(33歳)
※年齢は23年3月時点

最速162km/hのストレートと、スライダー、スプリッター、ツーシーム、カッター、カーブ、チェンジアップなど、多彩な球種を持つ。

2022年には、20試合の登板で6勝3敗、防御率3.87。

2015年のヤンキース時代には自己最多の14勝。2021年には2ケタの11勝を挙げている。

オールスターゲームにも1度選出。

過去何度か、サイヤング賞候補に上がるも、獲得までは至らず。

アダム・オッタビーノ

通算598試合登板・メジャー屈指の鉄腕

@World Baseball Classic
選手名アダム・オッタビーノ
(Adam Robert Ottavino)
所属チームニューヨーク・メッツ
ポジション投手・クローザー
投打右投両打
身長・体重196cm・104kg
生年月日1985年11月22日(37歳)
※年齢は23年3月時点

37歳の鉄腕投手。

2017年以降は、短縮シーズンだった2020年を除き、5年間全てで60試合以上に登板している。

通算で598試合に登板しており、通算33セーブ、168ホールドを記録している。

2009年WBCでは、イタリア代表として出場した経験がある。

デビン・ウィリアムズ

魔球「チェンジアップ」の使い手

@World Baseball Classic
選手名デビン・ウィリアムズ
(Devin Terran Williams)
所属チームミルウォーキー・ブルワーズ
ポジション投手・リリーフ
投打右投右打
身長・体重191cm・75kg
生年月日1994年9月21日(28歳)
※年齢は23年3月時点

2019年にメジャーデビュー。

2年目となる、2020年には新人王と最優秀リリーフ投手賞を受賞。2022年にはオールスターにも出場。

チェンジアップの使い手としても知られており、高速で急激に曲がるボールを投げる。

彼が投げるチェンジアップは、「空気を捻じ曲げる」という意味の「エアベンダー」とも称されている

メリル・ケリー

韓国からの逆輸入投手

@World Baseball Classic
選手名メリル・ケリー
(Kenneth Merrill Kelly)
所属チームアリゾナ・ダイヤモンドバックス
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重188cm・86kg
生年月日1988年10月14日(34歳)
※年齢は23年3月時点

2010年の米ドラフト会議で8巡目にレイズ入りするも、メジャー昇進には届かず。

2014年に韓国プロ野球(KBO)に渡り、4年間で48勝をマーク

2019年にダイヤモンドバックスから、オファーを受けメジャーデビューを果たす。

2022年には、今年で34歳と遅咲きながらも、13勝をマークし月間最優秀投手を初受賞するなど好成績を残している。

ディロン・テイト

約70cmも変化する「超魔球」の魔術師

@World Baseball Classic
選手名ディロン・テイト
(Dillon Michael Tate)
所属チームボルチモア・オリオールズ
ポジション投手・リリーフ
投打右投右打
身長・体重188cm・89kg
生年月日1994年5月1日(28歳)
※年齢は23年3月時点

リリーフ投手として、21年から2年連続で60試合以上に登板。

「超魔球」とも言える、約70cmも変化するチェンジアップを投げる。

大谷翔平選手と同じ事務所「CAAスポーツ」に所属しており、オフには一緒に自主トレをする間柄でもある。

デビッド・ベッドナー

魔球「チェンジアップ」の使い手

@World Baseball Classic
選手名デビッド・ベッドナー
(David Jeffrey Bednar)
所属チームピッツバーグ・パイレーツ
ポジション投手・リリーフ
投打右投右打
身長・体重188cm・111kg
生年月日1994年10月10日(28歳)
※年齢は23年3月時点

160km/hを超えるストレートとスプリッターが武器のパイレーツ守護神

2022年には自身初となる、オールスターにも選出

弟のウィル・ベッドナーもサンフランシスコ・ジャイアンツ所属のメジャーリーガーである。

アダム・ウェインライト

41歳のベテラン右腕

@World Baseball Classic
選手名アダム・ウェインライト
(Adam Parrish Wainwright)
所属チームセントルイス・カージナルス
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重200cm・107kg
生年月日1981年8月30日(41歳)
※年齢は23年3月時点

2000年に全米ドラフト1位で入団した、41歳の大ベテラン右腕

2年のデビューから12度の2桁勝利を記録しており、通算では195勝117敗、防御率3.38の成績である。

オールスターゲームには3度出場しており、最多勝を2度ゴールドグラブ賞も2度受賞している。

制球力に優れており、なおかつ球種が、シンカー、カットボール、カーブ、フォーシーム、チェンジアップ、スライダーとかなり豊富である。

ネスター・コーテズ

大谷翔平封じの「珍投法」

@World Baseball Classic
選手名ネスター・コーテズ
(Nestor Cortes)
所属チームニューヨーク・ヤンキース
ポジション投手・先発
投打左投右打
身長・体重180cm・93kg
生年月日1994年12月10日(28歳)
※年齢は23年3月時点

キューバ出身だが、生後7か月からアメリカ育ちの左腕。

2013年ドラフト36巡目指名を受けてヤンキース入りも、マイナーで8シーズン過ごした苦労人

2021年から頭角をあらわし、2022年シーズンには12勝をマーク。同年にオールスターゲームにも選出されている。

大谷翔平選手との対戦の際には、その珍投法から注目を集めた。

ローガン・ウェブ

2年連続2ケタ勝利の肝っ玉

@World Baseball Classic
選手名ローガン・ウェブ
(Logan T. Webb)
所属チームサンフランシスコ・ジャイアンツ
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重185cm・100kg
生年月日1996年11月18日(26歳)
※年齢は23年3月時点

サンフランシスコ・ジャイアンツに所属する26歳。

投球スタイルは、フォーシーム、シンカー、スライダー、チェンジアップを駆使し、物怖じしない勝負強さが持ち味。

2021年に11勝、2022年にも15勝をマークしており、ジャイアンツの先発ローテーションを支えている。

ライアン・プレスリー

2年連続2ケタ勝利の肝っ玉

@World Baseball Classic
選手名ライアン・プレスリー
(Thomas Ryan Pressly)
所属チームヒューストン・アストロズ
ポジション投手・クローザー
投打右投右打
身長・体重191cm・93kg
生年月日1988年12月15日(34歳)
※年齢は23年3月時点

主に中継ぎ、クローザーとして活躍。オールスターゲームには2度選出

所属するアストロズの守護神として、2022年には50試合に登板し33セーブをマーク

同年のワールドシリーズでも5試合に登板し防御率0.00。2セーブを挙げチームの世界一に貢献した。

ダニエル・バード

一度引退した奇跡のカムバック男

@World Baseball Classic
選手名ダニエル・バード
(Daniel Paul Bard)
所属チームコロラド・ロッキーズ
ポジション投手・リリーフ
投打右投右打
身長・体重193cm・96kg
生年月日1985年6月25日(37歳)
※年齢は23年3月時点

2006年ドラフト1巡目でレッドソックスに入団し、リリーフエースとして活躍。

しかし、2013年以降はイップスに悩まされ、2018年に一度現役引退

2020年にロッキーズとマイナー契約を結び、メジャーに7年ぶり復帰しカムバック賞を受賞した。

2021年は67登板で7勝8敗、20セーブ。2022年には57試合に登板し6勝4敗、34セーブをマークした。

一度引退からメジャー復帰。そしてアメリカ代表入りという奇跡の復活男。

カイル・フリーランド

一度引退した奇跡のカムバック男

@World Baseball Classic
選手名カイル・フリーランド
(Kyle Richard Freeland)
所属チームコロラド・ロッキーズ
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重193cm・93kg
生年月日1993年5月14日(29歳)
※年齢は23年3月時点

2014年ドラフト1巡目(全体8位)でロッキーズに入団。本人は幼少の頃から、ロッキーズファンでもあった。

2018年には、17勝を挙げるなどチームの中軸として大活躍。

2022年には9勝にとどまるも、通算49勝をあげている

炎上し降板した際に、ベンチをバットでボコボコにする熱すぎる一面もある。

ブレイディ・シンガー

一度引退した奇跡のカムバック男

@World Baseball Classic
選手名ブレイディ・シンガー
(Brady Alan Singer)
所属チームカンザスシティ・ロイヤルズ
ポジション投手・先発
投打右投右打
身長・体重196cm・98kg
生年月日1996年8月4日(26歳)
※年齢は23年3月時点

2018年ドラフト1巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに入団し、先発として活躍。

2020年にメジャーデビュー後、先発ローテーションに定着。

3年目となる2022年には、10勝5敗、防御率3・23をマークし、ロイヤルズのエース格に成長

投球スタイルは、時速155キロ前後のツーシームと140キロ台中盤の高速スライダーが武器。

まとめ

ワールド・ベースボール・クラシック、アメリカ代表についてまとめました。

まだ、開催まで時間があるので更に選手が招集されていきます!

ここから、どんな大スター選手が追加されるか楽しみですね!!

日本の優勝の前に立ちはだかる、強大な敵・アメリカ!

今後も目が離せません!!

アメリカ以外のはこちら

あわせて読みたい

【無料視聴】WBC中継をネット視聴する方法

侍ジャパンの全試合をライブ配信

強化試合、準々決勝からは全試合配信

侍ジャパンオリジナル動画も配信

30日間無料のAmazonプライム会員になれば

\侍ジャパンの全試合が視聴可能!/

詳しくはこちらの記事から

30日間無料!解約も簡単

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA